食べ過ぎ翌日リカバリーはマスト

よろしければシェアしてください

スポンサーリンク

あきらめないで、食べ過ぎをリカバリーしよう

ダイエット中でも、友人と食事に行ったり、パーティーや集まりに主席したり、つい食べ過ぎてしまうことってありますよね?

もちろん、食べ過ぎないことが一番いいのですが、食べ過ぎてしまった後の対応で、リカバリーできるんです!!

食べ過ぎちゃったから、もうダイエットやーめーたっ!

と、せっかく頑張ってきた美腸Diet をあきらめないで、翌日にリカバリーして、ダイエットを続行させましょう。

48時間が鍵

食べ過ぎた翌日に体重測ったら、がーん!!お、重い….。

でも、食べた翌日にすぐ脂肪がつくわけではありません。食べた物や水分が体の中に溜まっていて、体重が重くなってしまっただけなのです。

食べたものが脂肪へと変わるまでに、約48時間かかると言われています。食べたものは、胃で消化され糖質や脂肪として、そのまま肝臓で留まっています。48時間の間に、上手に代謝することが、大切なのです。

また、食べ過ぎによって腸内環境が悪化している可能性が高いです。

美腸Diet で毎日快腸になってきた腸も、食べ過ぎで腸内フローラーの勢力分布図が変わってきてしまって、便秘がちになっているかもしれません。美腸を回復させるのに、サプリを上手に使ってみてください。

乳酸菌やビフィズス菌のサプリを、許容範囲内でいつもより多めに飲んでみたり、回数を増やしたりしてみましょう。お腹がゆるくなる程度は人ぞれぞれことなるので、サプリの説明書を読んでから、お試しくださいね。

食事抜きはNG

食べ過ぎたんだから、翌日は食事を抜けばいいのでは?と思うかもしれませんが、食事を抜いては血糖値が安定せず、逆効果となってしまいます。食事を再開した後に、急激に血糖値が上がり、リバウンド状態になってしまうので、食事抜きは避けてくださいね。

食べ過ぎた前日の分、調整をしましょう

食べ過ぎた翌日は、いつもより食事の量や内容で、調整をしましょう。

1.スープやおかゆ等の水分が多い食事

食べ過ぎた翌日は、胃がもたれていることも多いかもしれませんし、カロリーが低めで、水分が多く、暖かい食べ物がお勧めです。

腸の調子を整えるためにも、水分は大切です。また、暖かい食べものは、代謝をUPさせてくれます。

2. 食物繊維の多い食事

腸の動きを活発にするためにも、繊維の多い食事を選んでみるのもお勧めです。

海草や野菜をいつもより多めにとってみてください。

例えば、わかめなどの海草+温野菜 のサラダ

食物繊維がたっぷりで、暖めた野菜で胃や腸に負担をかけることなく、カロリー低めのリカバリー食になりますよ。

3.グリーンスムージー

食べ過ぎた翌日は、食欲がないことも多いです。ビタミン、ミネラルがたっぷりで手軽に飲めるスムージーで、リカバリーしませんか?

代謝UPのサポーター

代謝が落ちていると、肝臓の働きだけでなく、腸の活動のさまたげになり、美腸には逆効果になってしまいます。

また、代謝を上げなければカロリーの燃焼に時間がかかってしまいます。

食べ物やエクササイズで代謝UPを!

代謝UPとビタミンB

ビタミンB群は代謝を促してくれます。

ビタミンB群のサプリもお勧めです。

食事の面でも、ビタミンBの豊富な食材を選んでみましょう。

・ビタミンB1:豚肉、うなぎ、豆類など

・ビタミンB2:卵、レバー、納豆、牛乳など

・ビタミンB6:にんにく、マグロ、イワシ、カツオ、鮭、アジなど

体を温め代謝UP

体を動かすことで、体を暖めて代謝UPをはかりましょう。

ウオーキングやヨガなどのエクササイズがお勧めです。時間が取れない方は、いつもより1駅多く歩いたり、早歩きをしたりと、少しでも体を動かすようにするといいですよ。

水分をいつもよりも多めにとって、代謝を促すことも大切です。

食べ過ぎの翌日はさっそくリカバリーをスタートさせて、美腸を取り戻し、ダイエットを続行させてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです