お酒でお腹ぽっこりは現実問題

よろしければシェアしてください

友人(アラフォー男性)は実はお腹だけぽっこりしています。

身長もやや高めで、腕なんて筋肉質で、脚もスラッとしていて、30代後半とは思えない体つきです。聞けば、週に4~5回ボクシングジムに通っているそうで、やはりエクササイズ(運動)で体は引き締まるのねー。と実感しました。今の体型を維持すべく、食事にも気を遣っているそうです。

ただ…..。いつもトップスを出して着ていてベルトが見えたことがありません。???と思っていたら、お腹ぽっこりだったんです!!

スポンサーリンク

アルコールとお腹ぽっこり

実は、(仮にSさんとしておきます)はバーのマスターで、お酒の飲み過ぎでかなり太ってしまい、ダイエットの一環でボクシングジムに通い始めたそうです。食事にも気を遣っているので、だんだんと体重が落ち、筋肉がついて、今の体型になったんですが、仕事柄毎晩お酒を飲むし、ご本人もお酒が大好きでかなりの量を毎日飲むため、お腹ぽっこりだけは解消できないんだそうです。Sさん曰く「職業病」。(お腹がばれるから)「お店のカウンターからは出ずに営業している」とのこと。

代謝の順番

アルコールを飲むとだんだん酔いますよね?体内のアルコール濃度が高くなると、体は防衛反応で、アルコールを外に出そうとします。アルコールは、優先して分解され排出されます。そうすると脂肪の代謝は後回しになってしまい、お腹に溜まっていくのです。これが、お酒をのむとお腹がぽっこりする原因です。

また、お酒を飲むときには、食事したりおつまみを食べますよね?これも太る原因の1つです。

では、アルコールだけにして食事やおつまみを食べなければ良いのでしょうか? それはもっと問題です。アルコールを分解する過程で、肝臓で中性脂肪が作れ、脂肪肝を誘発します。おつまみや食事は肝臓への負担を減らす役割をしてくれます。

「お酒」と「食事・おつまみ」がぽっこりを誘発している

でも、食べないでお酒を飲むと、脂肪肝になる可能性が高くなる

では、どうすればいいのでしょうか?

ダイエット中はアルコールは控えるのが一番です!!

お酒との付き合い方

でも、おつきあいを断れなかったり、アルコールを止められないこともありますよね?

対策は、

1.食事・おつまみを替える

アルコールと一緒に食べると、脂肪の分解が後回しにされてしまいます。カロリーや脂肪分の少ないものを食べるようにしましょう。

例えば、鶏の唐揚げやピザを → 冷や奴やサラダ にしてみる のように、見るからに高カロリーそうなものを避けて、野菜中心にしてみるのがお勧めです。

2.アルコールの量

お酒を飲む場合の目安は、おかしと同じエンプティカロリー以下です。

お菓子の買い置きを止めてみたら、驚くほど結果が出た
ダイエット中なのに、お菓子がやめられない。家におやつのストックがたくさん。そんなあなたに、私が実際に成功した買い置きおやつストップの方法をご紹介します。驚くほど効果があって、思ったほど辛くない! ご褒美Dayの設定で、それを目指してGO!!

性別や年齢にもよりますが、150kcal~250kcal程度です。

アルコールのカロリー
・ビール中ビン:約200kcal
・焼酎酎(乙類)1合:約255kcal
・日本酒(吟醸酒)1合:約185kcal
・ウイスキーグラス1杯 100ml:237kcal
・ワイングラス1杯100m:73kcal

ほろよい気分の量で、毎日飲まず休肝日を設定して、お腹ぽっこりを防ぎたいですね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです