朝のストレッチ・ヨガで、代謝を上げて1日をスタートさせませんか? ダイエットに効果的なんです。

よろしければシェアしてください

朝がだんだんと寒くなってきましたね。

ベッドから出るのが段々と辛くなってきます。

あらかじめ体温を上げてから1日をスタートさせると、ダイエットに効果的なんですよ。

スポンサーリンク

1日の中で体温は変化する

体温が1番低い時間帯

眠っている間は体温が低くなっています。

1日の体温変化のグラフ

出典:http://www.terumo-taion.jp

早朝4時~8時までが、1番体温が低いんです。この時間帯に起きて動き始めると、体はまだ眠っている状態なのです。

代謝量を上げてスタート

活動をし始めると、だんだんと体温は上がってきますが、朝起きて代謝量を上げてから1日をスタートすれば、そこからどんどん上がってきます。

全体の代謝量が上がるので、痩せることにも繋がっていきます。

ストレッチしてみませんか?

起きる前にストレッチで体をほぐすと、段々と代謝が上がってきます。

それには、こんな効果があります。

血流がよくなる

ストレッチを行うことで筋肉が引っ張られ、エネルギーが発生します。

エネルギーにより、体温や心拍数が上がり、血流がよくなります。

冷たかった手や足の先も暖かくなりますよ。

カラダを動かすことで目が覚める

ストレッチを行うことで目が覚め、1日の準備をすることができます。特に朝は、ゆっくり呼吸をしながらストレッチしてください。

呼吸を通して、血管から全身に酸素を送り、体を目覚めさせることが出来ます。

集中力が向上する

集中力が増している脳のイラスト

体を動かし、ストレッチをすることで交感神経が働きます

交感神経は、脳を活性化させ、集中力を向上させます。

基礎代謝上昇により痩せやすいカラダへ変化する

ストレッチをすることで、体温が上昇します。体温が高い体のほうが、基礎代謝量が増え、1日のうちで消費するカロリーが高くなります。

寝ながらストレッチ

ベッドや布団の上でもできる、簡単なストレッチをご紹介します。

全身を伸ばす

まずは、気持ちよく全身を伸ばしましょう

  1. 仰向けに寝て、足を肩幅より広めに開きます
  2. 両手を上に向けてのばします
  3. 大きく息を吸いながら、両手両足を遠くに広げるように伸ばします
  4. 伸ばしきったところで息を止め、耐えられなくなったところで一気に息を吐きだし、全身の力を抜きます

全身を伸ばすストレッチ出典:https://stretchpole-blog.com/

寝ている姿勢で「万歳」をして、脚と手で体を伸ばす簡単なストレッチですが、寝起きの体に気持ちいいですよ。2~3回繰り返してみてください。

腕のストレッチ

腕を伸ばしてみましょう。気持ちいいですよ。

  1. 左腕を胸の前で伸ばします
  2. 右腕で左腕をはさみます
  3. 右のほうに方に引っ張り、少しずつ伸ばしていきます

腕を引っ張り伸ばすストレッチ

出典:https://stretchpole-blog.com/

左右それぞれ30秒位ずつ伸ばして、2~3回繰り返してみてください。

腰のストレッチ

眠っている間にカチカチになりやすい、腰をほぐします。

  1. 寝たまま両腕を横に広げます
  2. 両ひざを立てます
  3. 右足のかかとを左ひざの内側に添えます
  4. 上半身を固定したままで、右足のかかとで、左足を外側に押し倒します

下半身を捻転させる腰のストレッチ

出典:http://gooday.nikkei.co.jp/

腰から下だけが倒れるようにします。

勢いをつけないで、ゆっくりと倒すのがポイントです。倒したまま10秒程度キープして、3回くらい繰り返してください。

肩・首を伸ばすストレッチ

体が少しずつ温まってきたと思います。

最後に肩と首をストレッチしましょう。

  1. 四つんばいになります
  2. 両手を伸ばして、体の前方に置きます
  3. 顔は下に向けたまま、お尻を段々と後ろに引いていきます

肩と首のストレッチ

出典:http://gooday.nikkei.co.jp/

猫が伸びをするイメージで、気持ちよくストレッチしてみてください。お尻を後ろに引いたら10秒程度キープして、3回くらい繰り返してください。

朝のヨガ

朝日をあびてヨガのポーズ

ストレッチに慣れてきたら、ヨガはいかがですか?

ヨガにはさまざまなポーズがありますが、基本的なポーズを組み合わせた朝にぴったりなヨガをご紹介します。

朝ヨガにぴったりなポーズ

太陽礼拝のポーズは、「1日の始まりに太陽に向かって挨拶をする」というヨガの基本の1つです。

流れるように、12のポーズを変えていくことで、朝の体を目覚めさせてくれる効果があります。

また、全身の筋肉を強くしなやかに動かすことで、代謝がUPし、エネルギー消費量が上がり、脂肪燃焼効果が高まります。

幸せホルモンのセロトニンも分泌

セロトニンは、精神を安定させ前向きな自分にしてくれる効果があります。それが「幸せホルモン」と呼ばれる理由です。

このセロトニンは、「早く起きて日光を浴びる」「リズミカルに身体を動かす」の2つで分泌されやすくなると言われており、朝のヨガはこれにぴったり当てはまります。

太陽礼拝のポーズを行なってみましょう

太陽礼拝のポーズは12ポーズの流れ成り立っていますが、基本は7つのポーズです。

ヨガの7つのポーズ

1.真っ直ぐ立って、胸の前で両手を合わせて合掌します。
2.両手をそのまま天井に向かって伸ばすイメージで、体全体を伸ばしてください。
3.息を吐きながら両手をおろし、ゆっくりと床につけます
4.息を吸いながら、左足に重心を移します。体重を左足にかけながら、右足を後ろに伸ばしてください。
5.息を吐きながら、左足を後方に伸ばしていき、両手を床についてしっかりと体を支え、両足をそろえます
6.息を吸いながら腕立て伏せの姿勢になり、お腹と背中をピンと伸ばしましょう。この時、膝はつかないようにしましょう。
7.地面に両膝をついて脇を締めたら、息を吐き出しながら胸を床に落としていきます。
8.息を吐きながら手と足の裏を床につき、お尻を高く上げる「5」のポーズに戻ります。
9.息を吸いながら、右足に重心を移していきます。右足に体重をかけつつ、左足は後ろに伸ばしてください。左足が重心となる「4」のポーズと反対の形になります。
10.後ろに引いた左足を前に戻しながら、両足をそろえます。両手は床につけたまま、上半身は前に倒すようにします。「3」のポーズに戻る形になります。
11.息を吸いながら、背筋を伸ばします。
両手を伸ばして合わせ、斜め上方向に伸ばす「2」の姿勢に戻ります
12.最後は、両手を下ろしながら体の横でそろえ、まっすぐ立ちます。
最初の「1」の姿勢に戻って終了です。

いかがでしたか? 1日の始まりにぴったりのヨガだったのではないでしょうか?

ストレッチやヨガを取り入れると、朝のスタートから、ダイエット効果があがってきます。

ヨガビギナーの私が始めました

おうちヨガって贅沢すぎる!
近くにヨガスタジオがない。ヨガスタジオに通う時間がない。子育て中で通うことができない。ヨガスタジオがご自宅にやってきます!
スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです