美腸の味方!ビフィズス菌とオリゴ糖

よろしければシェアしてください

スポンサーリンク

お腹の中の菌の最大派閥

私たちのお腹の中には、さまざまな菌たちがいて、お花畑のようになっています。

それは「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラ(=お腹の中の菌たち)のバランスが崩れると、お腹の調子が悪くなってしまいます。

さまざまな種類のこの菌たちの中で、一番多いと言われている菌が、善玉菌のビフィズス菌です。

お腹の中の菌の大多数は、この菌だと言われており、最大派閥なんです。

ビフィズス菌を育てよう

お腹の中の最大派閥ビフィズス菌。

美腸にとって、とても大切な菌なんです。

腸内フローラのいいバランスを保つ秘訣は、

1.あなたに合った菌を見つけること

2.いい状態を維持していくこと

なんです。

「腸内環境について」 を書いています。

自分の味方をしてくれる菌 足りていますか?
痩せやすい体をつくるには、サプリメントでいい菌を取り入れることが大事です。テレビでも紹介されています。お腹の中から健康に。


最大派閥のビフィズス菌とのいい関係が、美腸をキープするには不可欠です。

では、ビフィズス菌とのいい関係を保つにはどうしたらいいのでしょうか?

それは、餌をあげることです。

「え?ビフィズス菌に餌をあげる???」

ビフィズス菌の餌

ビフィズス菌の餌は、「オリゴ糖」といいます。

スーパーマーケットやドラッグストアでも見かける、甘味料の1種です。

オリゴ糖にはそれ自体に整腸作用があり、便秘解消のためにオリゴ糖を摂取する方も多いのですが、

なんと!!

オリゴ糖はビフィズス菌の餌にもなり、最大派閥の維持に貢献してくれるのです。

サプリメントでビフィズス菌や乳酸菌をとっている方はもちろん、サプリメントをとっていない方でも、お腹の中の菌を応援して美腸を保つためにオリゴ糖をとることをオススメします。

オリゴ糖の種類

オリゴ糖にはその製法や原材料によって、多くの種類があります。

主なものは

・イソマルトオリゴ糖

・ラフィノース

・ミルクオリゴ糖

・大豆オリゴ糖

・フラクトオリゴ糖

・ガラクトオリゴ糖

・キシロオリゴ糖

などがあります。

イソマルトオリゴ糖

ジャガイモやトウモロコシなどのでん粉に酵素を加えて分解して作るオリゴ糖です。

ジャガイモやトウモロコシは原料としては比較的に安価で、酵素分解ということもあり、イソマルトオリゴ糖は比較的安価なオリゴ糖です。

ドラッグストアやインターネットなどの安価なオリゴ糖は、イソマルトオリゴ糖シロップであることがほとんどです。

安く手に入るのは嬉しいのですが、胃や腸で吸収されやすいので、摂取してもすべてが腸に到達するわけではないようです。

また、オリゴ糖の含有量が30%~50%程度なものが多く、糖分が高いのも気になる点です。

ラフィノース

ラフィノース は、主にビート(甜菜)という大根に似た野菜から抽出される天然のオリゴ糖です。

胃や小腸で吸収されない、低カロリーなオリゴ糖です。

ミルクオリゴ糖

牛乳に含まれる乳糖を原料として作られるオリゴ糖で、ラクチュロースとも呼ばれています。

ヒトの胃酸に強く、胃や小腸で吸収されることなく、大腸までしっかり届いてビフィズス菌のエサとなります。

大豆オリゴ糖

大豆から生成されるオリゴ糖です。

比較的甘みが強いのが特徴で、胃や小腸で吸収されることなく、大腸までしっかり届いてビフィズス菌のエサとなります。

フラクトオリゴ糖

砂糖(ショ糖)を原料としたオリゴ糖です。

胃や小腸で吸収されることなく、大腸までしっかり届いてビフィズス菌のエサとなります。

ガラクトオリゴ糖

乳糖を原料としたオリゴ糖で、オリゴ糖のなかで、唯一母乳に含まれている成分です。

ガラクトオリゴ糖は、赤ちゃんが最初に体内に取り入れる天然のオリゴ糖で、赤ちゃんの腸内は、母乳を口にしてから初めて活動が開始されます。

胃や小腸で吸収されることなく、大腸までしっかり届いてビフィズス菌のエサとなります。また、たんぱく質の消化・吸収をサポートしてくれる働きもあります。

キシロオリゴ糖

トウモロコシの芯の部分などの食物繊維を原料としたオリゴ糖です。

胃や小腸で吸収されることなく、大腸までしっかり届いてビフィズス菌のエサとなります。

どのオリゴ糖がいいの?

美腸を保つためには、自分に合った菌とそれをサポートしてくれるオリゴ糖を見つけることが大切です。

でもお腹の中の菌の種類は人ざまざまです。また、菌たちの構成も日々変わっていきます。

複数のオリゴ糖で構成されている製品からスタートすると、対応できる菌も多いので、腸内フローラを良好に保ちやすくなります。

オリゴ糖のニューフェースです

アガロオリゴ糖の8つの驚く効果
炎症や関節炎、がん抑制、黄斑変性など、さまざまな病気に効果があるアガロオリゴ糖。京都大学との共同研究でも実証されています。
スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです