脂肪を燃焼させる絆創膏が開発されたそうです

よろしければシェアしてください

アメリカで、脂肪を溶かす絆創膏(スキンパッチ)が開発されたそうです。

ニュース記事

米国化学会(American Chemical Society)発行の学術誌「ACS Nano」に15日発表された論文によると、このスキンパッチはナノテクノロジーを利用して体内の代謝を上げ、エネルギーを蓄積する白色脂肪を、エネルギーを燃焼する褐色脂肪へと変化させることができる。マウスを使った4週間の実験では、スキンパッチが貼られた部分の脂肪が20%減少した。

論文の共同執筆者で、米コロンビア大学メディカルセンター(Columbia University Medical Center)病理・細胞生物学部のリー・チャン(Li Qiang)准教授は、「腹部のぜい肉を減らす脂肪吸引の代替手段として非侵襲性の治療が可能になるかもしれないと分かれば、間違いなく多くの人が興奮を覚えるだろう」と語った。

薬の成分は人間の髪の毛の400分の1ほどの細さに相当する直径約250ナノメートル(1ナノメートル=100万分の1ミリ)のナノ粒子に入れられている。皮膚に刺さる微細な針数十本が付いた指先大のスキンパッチに、これらのナノ粒子が仕込まれている。

ノースカロライナ大学チャペルヒル校(University of North Carolina at Chapel Hill)とノースカロライナ州立大学(North Carolina State University)合同の医用生体工学部准教授で、スキンパッチの設計を担当したゼン・グ(Zhen Gu)氏によると、このパッチの仕組みにより、薬の成分は「全身に素早く行き渡るのではなく、持続的に」組織付近へと浸透させることができるという。

                  出典:AFP BBNEWS  http://www.afpbb.com/より

ここが絆創膏(パッチ)部分ですね↓ 飛び出している逆円錐形が針部分で、ここに薬品が入っています。

           White(白色細胞)がbeige(褐色細胞)に変化する           

画像:ACS Nano より

スポンサーリンク

白色細胞と褐色細胞

記事にある、白色脂肪褐色脂肪って何なんでしょうか?詳しくみていきましょう。

白色脂肪組織

私たちが食事をして、体内に脂肪が入るとその脂肪は脂肪組織に蓄えられます。脂肪組織は褐色脂肪組織と白色脂肪組織に分けられます。

私たちが「脂肪」と言っているのは、白色脂肪組織のことです。体全体の皮下脂肪や内臓脂肪もこの白色脂肪です。

「脂肪」といっても2種類あるんですね。通常「脂肪」と言っているのは、白色脂肪組織のことだったんですね。

褐色脂肪

一方、褐色脂肪は、首の周り、肩甲骨の周囲、脇の下、腎臓の周囲など部分的に存在します。

褐色脂肪は、脂肪を分解して熱を出す特殊な脂肪組織です。体のエネルギー消費や体脂肪量調節に関わっています。

寒い時に体が体温を維持しようとして、熱を発するのはこの褐色脂肪細胞です。

この褐色脂肪細胞の活性化によって肥満を軽減・予防できることが最近明らかになってきたそうです。

褐色脂肪細胞が肥満へのアプローチの鍵を握っているんですね。

開発段階に!

褐色脂肪細胞へのアプローチが、絆創膏(スキンパッチ)でできるなんて、凄いですよね。

禁煙パッチとか、肩こりのパッチのようなイメージでしょうか?

絆創膏に何十個もの小さな針がついていて、その針が体内に薬の成分を浸透させ、貼った部分が熱を出して、脂肪を分解させるということですね。

コロンビア大学の学者によると、この絆創膏は減量用の錠剤とは異なり、副作用がないと言っているそうです。

すばらしい発明であっても、副作用が心配では、実用化されてもそれを使用するときに、不安になってしまいますものね。

私たちが部分的な脂肪を減らすには、筋トレをする、マッサージをするなどの方法がありますが、どれも即効性はありません。

先ほどまで、スポーツクラブでエクササイズ(運動)をしていて、いつもよりもハードに動いてきたので、少しぐったりしておりました。

楽しかったのですが、今日やったことが体に表れるのはいつなんだろう?と思っていた矢先にこのニュースを読んで、みなさんに是非お知らせしたくなりました。

この絆創膏(スキンパッチ)が部分的な脂肪への第四のアプローチ方法になるように、1日も早く実用化されるように願っています。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです