今年のダイエットはコレ。糖質制限よりも血糖値コントロールでラク痩せを目指そう

よろしければシェアしてください

「糖質制限」

すでに定着しつつあるダイエット方法ですよね。

「血糖値をコントロールすれば、肥満を防げる」ことに注目したダイエットで、食べ物に含まれる「糖質」を少なくして、体重を落としていきます。

調味料、食べ物、飲み物。

口に入るすべての物の「糖質」を計算しないと、血糖値のコントロールが上手く行かないんですよ。

コンビニで売っている「低糖質」な食品を、たまに食べても痩せないわけは、そこだったんですね。

でも、すべての食べ物の「糖質」を計算するのって、自分だけでは無理がありますよねえ。

スポンサーリンク

それならば、

血糖値のグラフ

食事の1つ1つの糖質を計算して「摂る量を抑える」食事制限りも、

いつもの食事をしても「血糖値を上げないよう」にするほうが、簡単で成功しやすい。

それなので、「血糖値の上昇を抑える」食品が今注目されているんです。

血糖値というと、太ったメタボなお父さんのイメージが強くて、私たちには関係ないように思ってしまいますが、実はラクして痩せる最新科学の結晶なんですよ。

同じ血糖値をコントロールするダイエットなのに、糖質制限よりもラクなのは魅力的ですよね。

 野菜と食物繊維と血糖値

サラダを食べる女性

食事の前に、野菜を食べる「ベジタブルファースト」も、この考え方を使ったダイエット方法なんです。

「三角食べ」と言われる、スープ(味噌汁)、ご飯(主食)、おかずを、順番に少しずつ食べるのが一般的ですよね。

でも、それをしないで、

コース料理のように、1つのものを食べ終えてから、別のお料理を食べるダイエット方法なんです。

まず最初に食べるのは、サラダや温野菜などの野菜料理。

ここがポイントなんです。

実は、食物繊維には、血糖値の上昇を抑える働きがあるんですよ。

それなので、最初に野菜を食べるベジタブルファーストが注目されているんです。

飲み物でも

温かい中国茶

ベジタブルファースト以外に、飲み物で血糖値の上昇を抑える方法もあるんです。

トクホや機能性表示食品で、「血糖値の上昇を抑える」と書かれている飲み物を見かけたことはありませんか?

食事の前や、食べながら飲むと、効果があるんです。

緑茶やウーロン茶の飲み物が多いですよね。

まとめ

「血糖値」というと、糖尿病やメタボなお父さんのイメージが強かったんですが、最近は「糖質制限」ダイエットが浸透して、早く成果がでるダイエット方法として定着しつつあります。

食べてから急激に眠くなるのも、この「血糖値」の仕業なんですよ。

ということは、夕食後にちょっと眠くなってうたた寝してしまうのは、太っていく体質(食後の血糖値の急上昇)になっているということなんですね。

これは、まずいです…..。

検討診断での「平常時血糖値」が正常でも、食後の血糖値は上がってしまうので、自分に合った血糖値ダイエットを探して、今年はラク痩せを目指しましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです