足がつる。その原因はダイエットかもしれない。

よろしければシェアしてください

「痛っ!」

足をつってしまった経験ありますか?寝ているとき、運動中、伸びをした時などに起りやすいのですが、その原因はざまざまです。

ダイエット中は特に、足がつりやすくなるようです。

足がつる原因って何でしょう?

また、つってしまったときにどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

足がつる原因と対策

足がつることは「こむらがえり」とも呼ばれています。

通常、筋肉は伸びて縮んでを繰り返していますが、筋肉が縮んで、伸びない状態をいいます。

俗に言う筋肉が痙攣している状態で、急に鋭い痛みに襲われますが、しばらくすると、痛みが収まるのも特徴です。

原因はさまざまあると言われています。1つづつ見ていきましょう。

水分不足

水分を控えていたり、必要な水分がとれていないと、足がつりやすくなります。筋肉の収縮には水分がかかせないからです。

日頃から、こまめに水分を補給するようにしましょう。エクササイズ(運動)後には十分に水分を補給してくださいね。就寝前はコップ1杯の水を飲むのもお勧めです。

ミネラル不足

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが不足していたり、バランスが崩れているときも足がつりやすくなります。

水分同様、筋肉の収縮には、ミネラル分が不可欠だからです。

エクササイズ(運動)時には、ポカリスエットなどのスポーツドリンク。日常はミネラルウオーターでの補給もお勧めです。水分を十分にとっていても足がつるかたは、ミネラル分の不足を疑ってみてください。

冷え

夏は、クーラーや扇風機などで足を冷やしてしまったり、冬は寒さで足が冷えてしまいがちです。
足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態になります。その時に急に足を伸ばそうとすると、足がつることがあります。

目が覚めた時に意識的/無意識に足を伸ばそうとしていることがあります。そのときに足が冷えていると、つりやすくなります。

就寝前に入浴し、体を温めるとともに、就寝時には足を冷やさないようにしてください。つりやすいかたは、起きるときなどに「ピーン」と急に伸びをしようとせずに、ゆっくり足をのばすようにしてみてください。

貧血

女性は鉄欠乏性貧血のかたが多く見受けられます。これは、体内の鉄分が不足して起る貧血です。

鉄分は赤血球の中心となる成分です。鉄分が不足していると、ヘモグロビンが上手く作れなくなり、赤血球の中のヘモグロビンの量が減ってきます。

ヘモグロビンが経ると、体は酸素不足になってしまいます。

この場合も足がつりやすくなります。

鉄分の豊富な食事をすることを心がけましょう。レバー、卵、牛乳、ナッツ類などがお勧めです。

筋肉疲労

エクササイズ(運動)やたくさん歩いた日や立ちっぱなしでいた日など、筋肉が疲れている場合にも足がつりやすくなります。

普段寝ている時の筋肉は、ゆるんでいる状態ですが、寝ている間も筋肉が緊張して痙攣を起こしてしまうのです。

運動前と運動後のストレッチは、運動中のケガの予防はもちろん、筋肉の疲労回復にも効果的です。またゆっくりとお風呂に入ることで、筋肉の緊張がほぐれます。筋肉を酷使した日には、寝る前などに足をマッサージして筋肉をケアするのがおすすめです。

過度なダイエット

過度なダイエットをした場合や、あまり食事をとっていない場合、栄養不足やミネラルバランスが崩れて、足がつりやすくなります。

またお酒を飲んだときも、体内のミネラルバランスが崩れやすくなります。

バランスのよい食事を心がけ、栄養を十分にとりながらダイエットしてくださいね。ミネラルウオータで不足しがちなミネラル分を補給するのもお勧めです。

最後に

  • ミネラルウオーターやスポーツドリンクなどでの水分補給
  • バランスのよい食事
  • ストレッチや入浴で体を温める
  • マッサージで筋肉疲労を軽減させる

をこころがけて、足がつるのを予防してくださいね。

もし足がつった場合は、つった足を伸ばすことで痛みが和らぎますので、手で足や足指を上方に引っ張るストレッチをしてみてください。

http://2.bp.blogspot.com/-ZL1l7GmWs4A/Vkb_FVB6YuI/AAAAAAAA0Z4/S4sOjt619EY/s800/stretch_woman.png

ストレッチで改善しない(血行不良でつった)場合は、しばらく安静にしていると痛みが落ち着く可能性があります。

頻繁に足がつるかたは、睡眠の質が下がっている可能性や、病気の可能性もあるので、早めに専門医に相談してくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです