ダイエット目線のボトムスを1枚持っていたほうがいい理由

よろしければシェアしてください

コートとサヨナラする季節になると、「体型」気になってきませんか?

今までは、羽織物で隠れていたところが隠せなくなり、お腹周りやウエスト気になってきますよね。

スポンサーリンク

太った?太っていない?その基準

太った女性のお腹

体重計や体脂肪計を持っていても、測り続けるのは難しいもの。

「あれ?太ったかな?」と思って、久しぶりに測ってみたら、

「がーん!!○キロ増えてる….」

そんな経験ありませんか?

自分でリカバリーできる範囲だったら、ここから頑張ってダイエットしようと思えるのですが、増え過ぎちゃうとダイエットのモチベーションも長続きしませんよね。

バスルームに行って、

棚から体重計や体脂肪計を取り出して、

ということをしなくても、太ったかどうかがすぐにわかるもの。

太ったかどうかの基準が、もっとカンタンにわかるもの。

実はあるんです。

お気に入りがあればbest!

クローゼットの洋服

ウエストがゴムではないボトムス(できればパンツ)で、サイズは、自分の痩せている時やベスト体型な時のもの。

1枚くらいお持ちではないですか?

私、とても気に入って買ったパンツがあったんですが、久しぶりに履いてみたら、ウエストがキツイんです。

座るとお腹が苦しい….。

明らかに、買った頃よりも太っている。

太った事実よりも、もうコレが履けない事実が悲しかったんです。

「捨てるなんてできない」

ダイエットで、翌年は履けるようしました。

「でも今年は、ちょっぴりキツカッタかなあ」

 太りすぎを防いでくれるパンツ

女性のウエストとメジャー

ベーシックなものでしたら、数年は履けますし、もしデザインが古くなってしまっていたら、外に着ていくことは難しくても、チェック用に使うことはできますよね。

お気に入りだったら、それを着て鏡を見ているだけでも嬉しくなるので、ベストですが、そうでなくても、1枚保管しておくと便利ですよ。

スカートよりもパンツの方が、脚が太くなったかどうかもわかりやすいので、オススメです。

自分の体型を客観的にチェックすることって、なかなかムズカシイので、パンツを1着持っておくだけで、太りすぎを防ぐことができますよ。

ウエストや下っ腹は、最初にお肉がついてくる部分なので、ここに気をつけておくといいですよね。

旅行から帰ったときや、しばらく体重を測っていない時にもいいですし、季節の変わり目の衣替えの時に、チェックする習慣があると、太りすぎが防げると思います。

ご自分の理想のパンツが、長い間履けるようであり続けたいですよね。

薄着の季節の前に、そろそろチェック始めましょう。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです