ダイエット成功の鍵は非日常のワクワク感

よろしければシェアしてください

「何かスポーツしていますか?」

「お好きなスポーツは何ですか?」

そう質問されて、答えられますか?

スポンサーリンク

非日常感とスポーツ

ゴルフをしたり、テニスをしたり。

コースやコートの前日って、ワクワクしますよね?

「明日のゴルフウエアは何にしようかな?」

「コース戦略はどうしようかな?」

色々考えて、朝早いのに眠れくなったり…..。

スポーツってそんなワクワク感がありますよね。

いつもの練習とは違う非日常感。

エクササイズも非日常感

ダイエットの為に始めたエクササイズ(運動)も、この非日常感があれば、もっと楽しめるのではないでしょうか?

・マシントレーニングが少しづつ上手になって、負荷や回数がUPしたり、

・今日のエアロビクスは、ミスゼロを目指すとか。

何かを目標にして、段々上手くなってくると、ますますそのエクササイズ(運動)が好きになって、一生懸命やると、ますます上手くなって、どんどん楽しくなってくる。

楽しくなってくると、その日がくるのが待ち遠しくなる。

これ位好きになると、もう生活の一部になりますよね

生活の一部になったら、ダイエット目的で始めたものが、あなたの好きなスポーツ、ひいては趣味といえるまでになっているのではないですか?

ここまでくると、目標の体重や体型になった後も、楽しくて続けていけますよね?

続けていけば、リバウンドもなく、体重や体型もキープできます。

これがダイエットのゴールデンサークルだと思うんです。

友人が数年前にジョギングを始めました。

最初は2kmのジョギングがきつかったそうですが、少しづづ長い距離を走れるようになり、趣味のジョギングから、フォームを重視するランニング教室に通うようになり、ハーフマラソンを経て、昨年フルマラソンにトライ。初出場で完走したそうです。

彼女の動機はダイエットだったのですが、今はすっかりランナー体型になり、すっきりしています。

「おばあちゃんになっても走るの」が口癖なので、きっとおばあちゃんになるまで、今の体型を維持できると思います。

ダイエット目的のジョギングを始めた頃は、辛くてつまらなくて、全然痩せないし、何度もやめようと思ったそうです。でも、距離を少しづつ伸ばしていくうちに、「ここまで走れる自分」を発見し、その距離がどんどん伸びていったとか。

ハーフマラソンは楽しかったけれど、最初はフルマラソンはもう二度と嫌だと思ったそうです。

でも、フルマラソンの大会への練習戦略や、大会当日のワクワク感のとりこになっちゃったんだとか。

こんなに夢中になれるスポーツに出会えて幸せですよね。

次はあなたの番です。

「あなたの好きなスポーツは何ですか?」

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです