ダイエットの季節がやってきた??

よろしければシェアしてください

今年の夏は、変な夏でしたね。

9月の残暑を覚悟していたのに、あまり暑くない日が多く、来週はもう10月です。

ということは、そろそろ秋。

秋と言えば、「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」。

そして、「ダイエットの季節が始まる秋です」

スポンサーリンク

夏と冬どちらがダイエット向き?

夏は暑くて汗をかくから、夏の方がダイエット向きだと思うかたも多いかもしれませんが、

実は、汗をかいて体重が落ちるのは、水分が減るからなんです。

サウナで汗をかいて体重を落としても、水分をとれば落ちた分の体重は戻ります。

寒い時は、体を温めようとする防衛反応が働きます。ちょっと極端な例ですが、凍えそうな寒さの時、凍死しないように、体を守ろうとして私たちの体は体温を上げようとします。その時に使われるのがエネルギー=脂肪です。

それなので、寒い時のほうが痩せやすいと言われています。

兵隊の食料の比較

突然ですが、映画などで兵隊が出てくるシーンで、食事をしているのを見たことありますか?

基地以外いわゆる野戦のときに持って行く食料を携行食といいます。

アメリカ軍は1日分で約3500kcalだそうです。えっ?そんなに?と思いますが、日本人の男性の1日に必要とされているカロリーが約2200kcalなのですが、これはデスクワークなど活動レベルが低い(あまり動かない)場合で、一番高い活動レベル4の場合は、3300~3500kcal必要だと言われています。

日本人に当てはめても、活動レベル4の人、例えば建設業や運動選手などはこれくらいのエネルギーを必要としているのですね。

ところで、寒い北欧の国ノルウエーの軍隊の携行食はどれくらいなのかというと、7500kcalだそうです。寒い所では、2倍以上のカロリーを必要とされるんですね。

このような例からもわかるように、寒いときはカロリー消費がたくさん行なわれるので、ダイエットのチャンスなんです。

秋はおいしいものがたくさんあるし、冬はクリスマス、年末年始 といつもよりもたくさん食べたり飲んだだり、美味しいものを食べる機会が増えますが、その前に、シェイプしておけば、少し安心ですよね。

寒いときはケガに注意

冬のエクササイズ(運動)はケガをしやすいと言われています。

気温が低く寒い時期は、筋肉が固くなってしまっています。そのままの状態でエクササイズ(運動)を始めると、肉離れやケガをしやすくなります。

また、間接も固くなっていますので、捻挫や脱臼もしやすくなります。

寒い時は、ストレッチやウオーミングアップを十分に行なうのが、これらのケガの予防になります。

スポーツクラブなどでは、館内を十分に暖めたり、ストレッチやウオーミングアップを十分にするようにアナウンスがありますが、ご自宅でエクササイズ(運動)をしていたり、ランニングなど屋外の場合は、特に念入りにウオーミングアップをしてください。

「食欲の秋」です。

美味しく食べながら、エクササイズ(運動)して、シェイプアップの秋にしたいですね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです