美味しさ発見、ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳

よろしければシェアしてください

ダイエットにもかかせない大豆のタンパク質。

豆乳お好きですか?

私は毎日シリアルにかけたり、そのまま飲んだりしています。

今日は、「これを飲んだら他の豆乳は….。」そんな衝撃の出会いをした豆乳をご紹介します。

スポンサーリンク

3種類の豆乳

豆乳って実は3種類あるんです。

・無調整豆乳:大豆以外なにも使われていないもの。大豆固形分8%以上

・調製豆乳は、砂糖、塩、油などで、飲みやすくした豆乳。大豆固形分6%以上

・豆乳飲料は、豆乳を原料とした飲み物(別のものを加えてもよい)。大豆固形分2%もしくは4%以上

あなたが飲んでいる豆乳はどのタイプですか?

無調整豆乳って美味しい

紅茶風味や抹茶風味などは豆乳飲料です。甘くて飲みやすいですが、豆乳の成分は無調整豆乳の半分以下です。

カロリーが高めなのも気になります。

調製豆乳は、カロリーも栄養分も、無調整豆乳とほとんど同じ。

成分は、こんな感じです。

調製豆乳成分
大豆(カナダ産)(遺伝子組換えでない)、砂糖、米油、天日塩、乳酸カルシウム、乳化剤、糊料(カラギナン)、香料

一方、

無調整豆乳
大豆

潔い(いさぎよい)!!!

こうして比べてみると、調製豆乳って色々なものが入っているんですね。

できれば、シンプルに天然の大豆だけで作られた無調整豆乳を飲みたいけれど、大豆の味と香りそのものって感じで、お豆腐を飲んでるよう。

正直あまり美味しくない…….。

だから、成分が気になりつつも調製豆乳を飲んでいました。

でも、この豆乳に出会ってから、あんなに好きだった調製豆乳の甘みが不自然に感じてしまうのです。

その豆乳は、

ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳 です。

豆乳全景

ふんわりと豆の香りがするのですが、それがきつい香りではないんです。甘ーい香り。

飲むと、お豆の自然な甘みがして、ほっこりする美味しさなのです。

グラスに入った豆乳

電子レンジで軽く温めると、優しい自然の甘みがさらに深まります。

今までこんなに美味しい豆乳飲んだことあったかしら?

これが国産大豆「ふくゆたか」の力なのかもしれません。

何も加えられていないので、お料理にも使えます。

お味噌と豆乳って、豆から作られた「いとこ同士」みたいな感じですよね?相性は抜群です。

容器の裏側に書いてあります。一度是非お試しください。

豆乳パッケージ裏

もっと楽したいときは、簡単豆乳スープはいかがですか?

無調整豆乳に

  • コンソメ
  • こしょう

を少々いれて、レンジで温めるだけ。美味しいスープのできあがりです。

これからの季節は豆乳鍋もいいですよね。無添加の豆乳ですので、お出汁との相性もばっちりです。

有機豆乳はたまに見かけますが、国産大豆の豆乳ってなかなか見かけません。国産で産地がはっきりしている無調整豆乳って、他にはないのかもしれないですね。

これを飲むと、他の豆乳はもう飲めません。それくらい美味しすぎます!!

お料理にも使えますので、使い方は無限大。

一度飲んでみてくださいね。

豆知識:

調と無調「せい」の文字が違うんです。

調豆乳は豆乳に「添加物などを入れ二次的加工・製造されている」ので調と言われているそうです。逆に無調豆乳は原料成分は大豆と水のみと言うことで何も調整していないので無調豆乳とそのまま言うそうです。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです