ドイツ人のマークから教わったザワークラウトで美味しく乳酸ダイエット

よろしければシェアしてください

ドイツの伝統的な家庭料理の1つ「ザワークラウト」。

「乳酸きゃべつ」とも言われていて、色々なレシピがたくさんあります。

今回は、ドイツ人の友人から教わった本格レシピをご紹介します。

(でも作り方は簡単です)

スポンサーリンク

ザワークラウトって?

ドイツの料理です。日本の「お漬け物」に近い感じでしょうか。

ソーセージなどに添えられていたり、煮込み料理に入っていたり、ドイツでは欠かせないものだそうです。

ホットドッグにはさんで食べるのも美味しいですよね。

スーパーマーケットなどで手に入りますが、酢を入れてあるものが多く、それだと残念ながら、乳酸菌の恩恵には預かれそうにありません。

ザワークラウトには、こんな凄い点があるんです。

きゃべつ栄養+乳酸菌のWパワー

きゃべつを乳酸菌で発酵させることで、きゃべつの栄養と、乳酸菌の美腸パワーを一緒にとることができます。

いわゆる「お漬け物」なので、冷蔵庫にあると「今日は野菜が足りないな-」と思ったときに、1品の野菜料理としてすぐに食卓に出せます。

また、パンにはさんで食べたり、スープや煮込み料理に入れても◎です。

きゃべつの栄養

きゃべつには、ビタミン類が豊富。

栄養素

 

ビタミンC

100g44mgも含まれています。大きな葉を2~3枚食べるだけで、必要量をとれます。

ビタミンU

別名「キャベジン」。胃や十二指腸を健康を保つ効果があります。胃腸薬の名前にもなっていますね。

ビタミンK

血液凝固作用があります。止血が早くなり、傷の治りが早くなる効果が期待できます。

カルシウム

骨や歯を作ることで有名ですが、精神的な興奮やイライラを和らげる効果もあります。

βカロティン

体内でビタミンAに変わります。目の健康維持や風邪の予防に活躍します。

カリウム

血圧を下げる作用があり、高血圧の予防につながります。不足していると、筋肉の動きが悪くなります。

葉酸

赤血球を作り、細胞の分裂をする際に必要です。妊婦さんには特に重要な栄養素です。

 

きゃべつの効果

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の改善美肌効果アンチエイジング疲労回復・免疫力アップ便秘改善 など

そして、近年「イソチオシアネート」という辛み成分に、高い免疫効果があることがわかってきました。健康な細胞を傷つけることなく、がん細胞のみに働きかけることができるというものです。

乳酸菌の効果

腸内環境を改善して、便秘の解消とともに、老廃物の排出に力を発揮します。

便秘ぎみでは、ダイエットはできません。

乳酸菌について書いています

自分の味方をしてくれる菌 足りていますか?
痩せやすい体をつくるには、サプリメントでいい菌を取り入れることが大事です。テレビでも紹介されています。お腹の中から健康に。

作ってみましょう

ポイント1:きゃべつは洗わない

外側の葉を2~3枚取り除いて、使います。

きゃべつの葉には乳酸菌がついていて、これを増やしていくので、乳酸菌を洗い流してしまわないようにしましょう。

きゃべつは葉で覆われているので、農薬などは中まで入らないそうです。心配な方は、オーガニックきゃべつで作ってみてくださいね。

ポイント2:水を入れない・足さない

塩水で漬けたり、足したりするレシピもあるようですが、水分で乳酸菌が薄まってしまうので、ドイツでは水は入れないそうです。

今回は、ドイツ人のマーク直伝のレシピなので、これらを守って作っていきますね。

材料

・きゃべつ1玉(約1kg)

・塩 約2~3%

・キャラウエイシード 少々

・鷹の爪(あれば)

これだけのシンプルな材料です。

きゃべつは買ってきたばかりの新鮮なものを使ってくださいね。

作り方

熱湯消毒は欠かさずに行なって、手もよく洗ってから始めてくださいね。

1. 外側の葉2~3枚を取り外す

2. きゃべつを千切りにしていく

フライなどの付け合わせほど細かくする必要はありません。1cm位の幅でOKです。

3.半分量の塩をかけて、軽く重しをする

塩をかけて、しんなりさせてからの方が、かさが減って作業しやすくなります。

4.きゃべつがしんなりしてきたら、残りの塩とキャラウエイシードをかけて、全体に揉み込む

「ぎゅっ、ぎゅっ」っと押し込む感じで、揉み込んでいきます

5.鷹の爪を2本程度入れて、サランラップで空気が入らないように覆い、その上に皿などをかぶせる

6.重しを載せる

<注意>

・漬け物用の重しがなければ、ペットボトル水を入れた鍋などでかまいません。

・1番上のお皿は割れないような材質が安心です。

・水が上がってきますので、あふれても大丈夫なように、トレイなどを1番下に敷いてください。

気温によりますが、数日すると水が上がってきます(水が増えてきます)。

きゃべつがこの水に浸かっていることが最大のポイントです。

きゃべつの色が、緑色から薄いベージュ色に変わってきます。

味に酸味が出てきます。

小さな泡が出てきたり、水が白く濁ってきます。これは、発酵しているためです。

今回は、1週間室温に置いておきました。気温が例年よりも低めだったせいか、水が上がるのが遅かったように思いました。

冷蔵庫へ移す目安

味を見て、酸味が出てきたら、瓶に移し替えて冷蔵庫に移しましょう。

瓶も必ず消毒してくださいね。

瓶にぎゅーっと押し込んでいきます。一番上にサランラップで蓋をしてから、瓶を閉めましょう。(ザワークラウトの乳酸菌は空気を嫌うためです)

冷蔵庫の中でも乳酸菌発酵は進んでいきます。好みの味になったら食べ始めてくださいね。

庫内の温度がやや高めの野菜室での保存がオススメです。

出来上がりました

2017年の手作りザワークラウト

冷蔵庫で10日くらい熟成させたザワークラウトです。

酸味が少し出てきて、「ほのかな酸味」といった感じです。

先日、東京農業大学の学園祭(収穫祭)に行って購入してきたソーセージと合わせてみました。

ザワークラウトと農大ソーセージ

濃厚な味のソーセージにザワークラウトがよく合います。

行ってきました

農大収穫祭2017  野菜づくしの学園祭
4時間待ちでもゲットしたいミツケンのハチミツを手に入れる秘訣とは?人気の味噌やベーコンの今年の行列と待ち時間はどれくらいだったのか? 2017年の収穫祭を詳しくレポートします。

失敗しないために

季節によるきゃべつの特徴の違い

きゃべつは「春キャベツ」と言われる柔らかい種類と、「冬キャベツ」と言われるしっかりした種類の2つに大きく分かれます。

早春頃から出回る「春キャベツ」

水分が多く生で食べるとシャキシャキ感でいくらでも食べられそうな位です。

この「春キャベツ」でザワークラウトを作ると、水が上がりやすいので、失敗しにくくなります。

涼しくなってから出回る「冬キャベツ」

煮込み料理に適しています。ロールキャベツなどにも最適です。

葉がしっかりしていて、水分が少ないので、水が上がりにくいですが、しっかり重しをして、きゃべつの上を覆う位まで上がれば大丈夫です。

今回は「冬キャベツ」で作りましたが、美味しくできましたよ。

時期によっての違い

「春キャベツ」で作ると、水が上がりやすく、気温も高めなので、3~5日程度でできあがります。

ただ、気温が高いので腐敗が心配になってきます。何回か作ってみると、「これくらいの気温なら大丈夫」と段々わかってきますが、最初のうちは、GW前頃などのあまり気温が高くない時期に作ることをオススメします。

「冬キャベツ」は、水が上がりにくいので、1週間~10程度かかることがあります。気温が低めな時期なので、腐敗の心配はそれほどありません。

もしかして、失敗しちゃった?

上手くいっているのか心配ですよね?

考えられるパターンをいくつかあげますね。不安な時はチェックしてみてください。

水が上がらない

数日たっても水が上がってこない場合は、重しを増やしてみてください。塩や水を足すと、乳酸菌が薄くなってしまうので、重みで水が上がるように調整してみてくださいね。

色が変わらない

緑色のままということは、発酵が進んでいないということです。きゃべつについていた菌が少なかったのかもしれません。数日様子をみて、色が変わらないような場合は、残念ながら失敗の可能性があります。

匂いが変

発酵した香りではなく、明らかに腐敗臭がする場合は、室温が高すぎたり、塩が足りなかった可能性が高いです。キッチンのガスコンロの側など、温度変化のあるところに置いていませんか?

食中毒の危険性もあります。残念ながら失敗の可能性が高いです。

酸味が出てこない

色もベージュ色になって、匂いもおかしくなければ、これから発酵していく過程かもしれません。もう、数日様子をみてみましょう。

匂いや味が明らかにおかしい場合は、残念ながら失敗している可能性が高いので、食べないようにしてください。

最後に

きゃべつの表面まで水につかっていること
空気に触れないこと

このポイントが守れていれば、きっと上手くいきます。

瓶に入れた保存食を作っていると、幸せな気持ちになってきます。いつまでも、眺めていたい気分がしてくるのは私だけでしょうか?

作ってみると、思ったよりも簡単でできて、栄養も豊富なダイエットの味方ザワークラウト。

秋のこの時期は、水が上がりにくいですが、気温が高くないのできっと上手にいくと思います。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです