ダイエットにはどっちが向いているの?ヨガとピラティスの違いをおさらいしてみました

よろしければシェアしてください

ヨガとピラティス。

似てはいますが、実は違う点もたくさんあるんです。

2つの違いを覚えておくと、使い分けができるので、ダイエットに効果的なんですよ。

スポンサーリンク

ヨガとピラティス

それぞれマットの上で、座りながら・立ちながら、さまざまなに身体を動かしていきます。

ピラティスは、ヨガの技法を取り入れたものでもあるので、似ているところが多いのですが、身体の使い方や目的とするところは異なっているんです。

1.成り立ちの違い

ヨガ

ヨガは約5,000年前にインドで誕生しました。

インド仏教で、「精神と肉体を安定させる修行」の方法の1つとされていたそうです。

深い呼吸や正しい姿勢でポーズをとり、瞑想を行ないながら、心を宇宙の中に解き放つのだとされています。

最初は、「修行のため」だったんですね。

このようにヨガはその発祥から、スピリチュアル面と深く結びついています。

現在は、色々な種類のヨガに発展し、リラックスを目的として身体をストレッチするヨガが主流になりつつあります。

ピラティス

第一次世界大戦の頃にドイツで誕生したと言われています。

寝たきりで運動ができない患者でも行えるように、サポートや抵抗を与えながらトレーニングをする方法から始まりました。

このように、リハビリのために開発されたプログラムなので、余計な負担をかけずに体を整えることができます。

その発展途上でヨガを取り入れた動きが加わり、似ているイメージになりました。

肩こり・腰痛のある人でも、姿勢の改善や筋力アップでき、「ネコ背」や「骨盤のゆがみ」を治していくことができるとされています。

最初は、「治療」のためだったので、姿勢改善や筋力面に重点を置いています。

2.呼吸法の違い

ヨガ:腹式呼吸

お腹に息を吸い込んで膨らませ、吐ききってお腹をへこませる腹式呼吸です。

腹式呼吸について

ぽっこりお腹とサヨナラする、簡単美腸エクササイズ
美腸にもスタイルアップにも役立つ、お勧めエクササイズは簡単な腹式呼吸エクササイズです。 でも実はこれが腹筋の基本なんです。 簡単なエクササイズですので、方法を覚えたら、テレビを見ながら、Lineをしながらできますよ。 ながらエクササイズでぽっこりお腹を解消しましょう!

腹式呼吸は自律神経の副交感神経を活発にし、心身をリラックスさせる効果があります。

ピラティス:胸式呼吸

肋骨を拡げて息を吸い、吐きながら胸を縮める呼吸法です。

自然に呼吸をするとお腹が膨らみますが、胸式呼吸ではお腹を膨らませないように、常にお腹に力を入れて凹ませた状態にして呼吸します。

出典:http://gooday.nikkei.co.jp/

胸式呼吸をすることで交感神経が働き、関節や筋肉が動きやすくなると言われています。

慣れないうちは難しいのですが、実はエクササイズ(運動)は、この胸式呼吸で行なうものがほとんどで、無意識で行なっていることも少なくないのです。

ヨガとピラティスの同じ点

身体を伸ばすストレッチの手法は、ヨガもピラティスも同じです。

日常生活で凝り固まってしまっている筋肉を伸ばしながら、筋力をアップさせていきます。

ヨガの手法を取り入れたストレッチを行なった後に、ピラティスのトレーニングを行なうクラスもあります。

リラックスにはヨガ

ヨガにはさまざまな手法や流派があります。

またそのレベルもさまざまで、

初心者が気持ちよく身体を伸ばせ、ストレッチとリラックスを主に行なうもの

から、

通常では困難と思われるような難しいポースやその組み立てを行なうことで、柔軟性やトレーニングを兼ねたもの

などさまざまです。

最近、タレントの片岡鶴太郎さんが、ヨガを生活の軸としていると発表して話題になりましたよね?

お笑いタレントとしてぽっちゃりしていた頃と比べて、現在は40キロ台の体重になったそうです。その食事内容や生活サイクルもまるでインドの修行僧のようだと言われていました。

スピリチュアルな側面が強いので、ヨガにはまると人生までも変わってしまうこともあるほど、魅力的なものでもあるようです。

ヨガの目的は「心と体の一体」にあり、瞑想で心を解放するというのが根底にあります。

ボディシェイプにはピラティス

それに対して、ピラティスにはスピリチュアルな面ありません。

無理のないトレーニングを通して、バランス力を養ったり、筋力アップを目指しています。ボディシェイプにも効果的です。

インナーマッスルと言われる、普段あまり使われない身体の深い所にある筋肉(深層筋)をリズミカルに動かします。それを複数回行なうことで、筋力をアップさせます。

正しい胸式呼吸を行なうことで、常に新鮮な酸素を身体中にいきわたらせます。正確な動作を行なうことに意識を集中させるので、脳が活性化します。

このとき自律神経が安定し、精神力を向上させるといわれており、ヨガとは違ったアプローチで、精神が安定するとされています。

まとめ

ヨガとピラティスは、同じと考えられやすいのですが、その成り立ちから手法までさまざまな点で異なっています。

では、どのように選べばいいのでしょうか?

優劣はない

ヨガとピラティス、どちらがいいのかは、やりたいことや目指すことによります。

では、ダイエットを目的とする場合は、どのようにしたらいいのでしょうか?

ヨガ

身体を気持ちよく伸ばしながら、心を安定させリラックスしたい場合は、ヨガをお勧めします。

中級者以上のヨガクラスでは、難しいポースや遷移を行なうので、筋力アップや高い運動効果があるものもあります。運動強度が高いクラスを選択すれば、ダイエット効果も上がります。

ピラティス

腰痛のある方などにはピラティスがお勧めです。

また、姿勢改善肩こり骨盤矯正などもピラティスの得意とする分野です。

同じ動きを複数回行なうことで、筋力やボディバランスを高めていきますので、筋力トレーニングのようでもあります。

ボディシェイプ身体の調整をしたいときはピラティスをお勧めします。

こんな使い分けをしています

私はこんな感じで両方やっています。

・1日の終わりに、身体を伸ばしたりリラックスしたい時  ヨガ
・イライラしたり、精神的に疲れているときに自分を取り戻したい  ヨガ
・肩こりなど、身体の不調を感じたとき  ピラティス
・ウエストやヒップなどのボディシェイプをしたい  ピラティス

どちらも、ダイエットには効果的なエクササイズです。

両方のいい所を取り入れてくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです