炭水化物と上手に付き合おう!

よろしければシェアしてください

スポンサーリンク

炭水化物はメイン料理?

ご飯、パン、パスタ、麺類…..。

炭水化物って、美味しいですよね。私も大好きです。

ダイエットを始める前は、「炭水化物だけでOK」 と断言していた位です。

・ほかほかな白いご飯や噛むほど味が出る玄米ご飯

・イタリアンならパスタやピザ

・暖かいのも冷たいのもおいしい、うどん等の麺類

そしてなによりもパン!!おいしいパン屋さん巡りは今でも大好きです!

炭水化物って、おいしくて、それだけで食事になって、おなかもいっぱいになる魅力的な食べ物ですよね。

例えば、

朝ご飯:トーストやデニッシュ

昼ご飯:パスタ

夜ご飯:親子丼

食事ごとに炭水化物がメインになっていますが、これってダイエット向きなのでしょうか?

おいしいけれど、高カロリー

すぐに食べられて、おいしい炭水化物の多い食事。

でも、実は炭水化物ってカロリーが高いのです。

炭水化物は、「糖質」+「食物繊維」で構成されています。

糖質は1gあたり4kcalと言われており、それなので炭水化物はカロリーが高くなってしまうのです。

ラーメンやさんでのランチの「ラーメン」+「チャーハン」

イタリアンでのランチの「パン」+「パスタ」

の組み合わせは、かなりカロリーが高くなる傾向にあります。

炭水化物抜きダイエットの罠

それならば(というわけでもないのですが)と登場した低糖質ダイエットですが、

低糖質ダイエット = 炭水化物抜きダイエット

になってしまっている方が多いのではないでしょうか?

確かに炭水化物を食べなければ、その分カロリーも低くなるので、体重は落ちていきます。

今まで炭水化物を多めにとっていた方のほうが、より顕著に体重が落ちるので、即効性のあるダイエットだと思ってしまっている方も多いと聞きます。

でも、待ってください!!

炭水化物は私たちの体にとって、とても大切なものなのです。

炭水化物抜きダイエットをすると、色々問題が起りやすくなります。

・筋肉が減ってしまう

炭水化物(糖質)が不足すると、それを補うために筋肉を分解してエネルギーにするからです。

・頭がぼーっとする(脳が働かない)

炭水化物(糖質)は脳のエネルギー源なので、これが不足すると脳が働かなくなってしまうのです。

・体調不良になりやすい

炭水化物を抜くと、その分タンパク質や脂質を多く摂取してしまったり、炭水化物に含まれる食物繊維が不足し、内臓に負担がかかりやすくなります。

また、食物繊維が不足し、腸内環境が悪化してしまうことにもつながります。

My炭水化物ダイエット

炭水化物抜きダイエットは、すぐに体重が落ちますが、もとの食事に戻ると大幅なリバウンドにつながる可能性も高いです。

すぐに体重が落ちるということは、すぐに戻る可能性もあります。

美腸Diet! がお勧めするのは、炭水化物抜きダイエットではなく、

ご自分にあった適切な量の炭水化物をきちんと食べる、

My炭水化物ダイエットです。

食べやすく、おいしい炭水化物。

でも、炭水化物ばかりの食事は栄養面でもカロリー面でもNGです。

逆に、炭水化物を抜いてしまうダイエットは、体に負担がかかるだけでなく、リバウンドにつながる可能性も大きいです。

ランチの「親子丼と小うどんセット」を、

ご飯少なめの定食に代えてみたり、

夕食に毎日ご飯をおかわりしていたのなら、

今日は1膳にしてみたり、

決して、炭水化物を抜くのではなく、今までよりも量を少なくすることを実行してみませんか?

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです