まずはご自分を見つめてみませんか?

よろしければシェアしてください

スポンサーリンク

ダイエットは何から始めればいいの?

どうして太っちゃったんだろう?

適切な食事と運動をしていたら、ぽっこりお腹を気にしたり、洋服のサイズで悩むことはなかったかもしません。

でも、美味しいものを食べたいし、運動もあまり好きじゃあないし、だって忙しいし….。

気がついたらなんだかぽっちゃりしていた。

私を含めほとんどの方がそう(そうだった)のではないでしょうか?

ちょっぴりさぼってしまっていた….。

今日から、無理せず、楽しめて、長続きできるようなダイエットをスタートしませんか?

ご自分の食事を見直してみませんか?

痩せる食事 いいですねー。

美味しい物を食べて、痩せる食事って理想! というか、それって 夢!

なかなか、そんな食事には巡り会えません。

もちろん、カロリーの低い食事ばかりをしたり、量を極端に減らせば体重は落ちるかもしれません。でも、それって、不健康だし、美容にもよくないのでは?

三食美味しく食べて、少しずつダイエットしていったほうが、辛くないし長続きするのではないでしょうか?

敵を知るにはまず己(おのれ=自分)から。

何を食べている(いた)のか?ちょっと考えてみてください。

以外と覚えていないものかもしれません。

今日から1週間食べた物をメモしてみてください。

スマホでもノートでもかまいません。

大事なことは、「正直に書くこと!」です。

朝:トースト、目玉焼き、サラダ

昼:ミートドリア、バニラアイスクリーム

おやつ:どら焼き、おせんべい(たくさん)

夜:焼き魚定食、ビール(3杯)

夜食:カップヌードル(食べちゃった!)

こんな簡単な感じでOKです。

几帳面な方は、もっと詳しく書くとよりGOOD!です。

カッコ書き(  )は、もしかしたらこれがぽっちゃりの原因? と自分で思うことを書いてみます。

太る原因みーつけたっ!

1週間後、そのメモをじーっと眺めてください。

「私そんなに食べていないし、太るようなものを食べてないのにぃ…。」

心の中できっとそう思うはず。

いつもと同じ食事」

でもその「いつもと同じ食事」の蓄積が気になる部分を作っているとしたら?

ここは意地悪調査員になって、自分ではない誰かがダイエット相談に来たと思って、食事内容を検査してみてください。

そうすると、チェック箇所が出てくるかもしれせん。

運動始めてみませんか?

何か運動していますか?

「私病気で運動できないの」「膝が痛くて運動を止められていて」

もし、そう答えたあなたはダイエットよりも、病気やケガをまず治してくださいね。そうして、病気やケガでもできる運動をお医者様に相談してください。無理は禁物です。

でも、健康なのに運動をしていない方は、まずは運動を始めてみませんか?

運動には色々な効果がありますが、ダイエットのお供にぴったりなのはカロリー消費スタイルアップ発汗によるデトックス効果などです。

運動やスポーツをこのあとご紹介していこうと思っておりますので、あなたに合ったものを是非見つけてくださいね。

ダイエットはチョイス&トライ

食事方法も運動も数え切れない位あります。何が効果が出るのかはその人によって異なります。

ご自分に合った方法を見つけるため、まずはチョイス(選んで)してみてください。

そしてトライ(試して)してみてください。

効果が出てきたら、それを続けてみる。

もし合わなかったり、効果が出にくかったら、また別のものをチョイス&トライ。

そうしていくうちに、きっとあなたに合った最高な方法がみつかるはずです。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください

フォローしてくださると嬉しいです